facebooktwitter
福岡ヨーガ情報サイトヨガラボブログ
  • 大濠公園ヨガワンコイン朝ヨガ
  • ヒーリングヨガサロンFlatti体験2000円2回
  • チャクラハーモニーヒーリング

ヨーガって何?

ヨガとストレス

今週末、阿蘇でヨガキャンプが開催されます!
二日目の日曜は参加無料の100 People YOGA(100人ヨガ)です。ご興味のある方はぜひご参加ください。
→ヨガキャンプ詳細はこちら  →100 People YOGA in ASO詳細はこちら

今年の5月に開催されたイベントの第二弾です!

vol.1の時にヨガのおはなしタイムをいただいたので、参加者の皆様に少しヨガについてお話させていただいたのですが、今日は、その内容を(今さら)まとめておこうと思います。

前回は、私がYICで学んだ中から、ヨガとストレスをテーマにお話させていただきました。

現在、ストレスが原因で健康を害している人たちが溢れていますね。
ストレスや過度な緊張が原因で発生したり、症状の程度が増減する身体疾患のことを「心身症」と呼びます。

心身症には主に、以下のような疾患があります。

高血圧、冠動脈疾患(心筋梗塞、狭心症)、消化器潰瘍(胃、十二指腸、腸)、過敏性腸症候群、気管支炎息、
糖尿病、片頭痛、アトピー性皮膚炎、慢性関節リウマチ、腰痛症、更年期障害、月経痛、気管支炎息、アレルギー性鼻炎などなど・・・

上記からわかるように、現代の一般的な病気のほとんどがこの中に含まれています。

これら心身症患者にはある3つの共通した意識状態(特徴)があることがわかっています。
その意識状態(特徴)とは以下の3つです。

1 失感情
2 失体感症
3 過剰適応

1、失感情(失言語化)とは、内面の感情や感覚の気付きが低下して、感情を伝えることも障害されている状態のことです。自分の感情に気づけない、それを周 りに上手に表現が出来ない、という状態が続くと、内面に抑圧された感情がたまり、それが処理しきれなくなると身体的な病気につながります。

2、失体感症は、自分の身体感覚に気付くことの出来ない状態のことです。

上記2つの意識状態は、耐えられなくなった過度なストレスを「気づけない」状態にする一種のストレス対処法です。内側からの声を無視した状態です。
ただ、この対処法は無意識に行われていて、もちろん本人にはわかりません。
でも本当は無理をしているので、「気づいて!」と身体が訴えてきます。その訴えが病気や不調となって現れて来ている状態です。

3、過剰適応とは、複数の人間の利害が絡み合う社会環境に過度に適応して、自分自身の感情を抑圧して、意見や行動を無理に合わせる状態のことです。本心から離れ、他者から良い評価を得ようと行動し、内心との葛藤が生じて苦しみ、身体的な病気につながります。

具体的な性格特徴としては、真面目・仕事中毒・模範的・頑張り屋・人から頼まれると嫌と言えない・自己犠牲的・良い子と表現される性格です。

以上のことから、外側の環境、他人に対し、過度に適応し、そのストレスに耐えられなくなった結果、自分の感情を抑圧し、感情にも身体感覚にも鈍感になり、心身症を引き起こしていると考えられます。

これらが病気の原因であるということは、これらを解決してあげれば良いのです。すなわち失体感、失感情、過剰適応という状態を、改善することが必要です。

その改善にヨーガがとても有効です。

ヨーガクラスの時に私は「感じてください」という言葉を何度も言います。
クラスの時間は感じる練習をしてもらいたいと思うからです。
今、自分の身体がどうなっているか、どこが痛いか、どこが気持ちいいか、ひとつひとつの動きで身体感覚を取り戻すという作業です。

それが2の失体感状態を改善します。
そして身体に目を向けるというのを意識すると、心に意識を向ける練習にもなります。その結果、自分が本当は何を感じ、何を望んでいるのか?を知る手がかりとなり、1の失感情も改善していきます。

ヨーガは「病気を治す」という観点からではなく、病気になる根本原因である意思や判断にアプローチする実践的な生き方です。その結果健康を手に入れることが出来るのです。

ストレスの原因は世の中に溢れていますが、同じ環境でもストレスで病んでしまう人と全然平気な人がいます。
全ては受け取る人の受け止め方、心のくせなのです。
うまくストレスを受け止め流せる心を養うために、まずは気づいてあげること。その根本原因が自分の中にあるということを知ることが大切なのだと思います。

ストレスを上手に解消出来る力を身につけるためにヨガにチャレンジしてみませんか??
ご興味のある方はぜひイベントや、無料体験にご参加ください。

≫ 続きを読む

ヨーガって何?   2012/10/31   admin

「出来ない!硬い!」人ほどヨガ向き

 

久しぶりに「最近おもうこと」を書いてみます。

ヨガをしたことがない、という人と話すと、「身体が硬いからヨガはできない」
と言われる方が多いなーとつくづく思います。

その気持ちすごくよくわかる!なぜなら、私も硬いから(笑

今でこそ少し柔らかくなったけど、昔はほんっとにひどかったです。。
前屈しても、指先もつきませんでした・・・

でも実際、ヨガを実践されている方は柔らかい方が多いので、レッスン中にそういう方を見るとすごくうらやましいなーと思います。

でも最近思います。「出来ない、自信がない!」と思っているほどヨガは向いているんじゃないかな、と。

ヨガをしてるといろんな自分と出会います。弱い自分、恐れている自分、他人と比べて落ち込んでる自分にも。

 

例えば、逆転系などの難しいアーサナになると、「自分はこれは出来ない!無理!」という強い思い込みがあって、恐怖心でとたんに胸が開かない、なんてことばかり。
その恐怖心を克服できないと正しいポーズが出来ません。

まずは気付くこと。そしてそれを乗り越えよう!と前を向くこと。
それが大事なんですね。

身体が硬い人は、もともと柔らかい人よりもそんな機会が多いです。
「うわー、これ曲がらない。ここが硬いんだなー」と気づいて、努力して、克服する。
その段階で人よりも気付きが多いし、成長を感じられるし、変わっていく自分を実感できます。だんだん自信もついてきます。最初から出来る人よりも幸せがたっぷりですね。

これは人生にもそのまま役立ちます。つらいことがあっても、前に進もうという意欲を思い出させてくれます。

私はつらいことがあるとすぐ逃げだしたくなってしまうタイプ。
過去に離婚も経験してますが、私のそういう姿勢が良くなかったんだなー、と気付いたのはヨガに出会ったから。

そして自分の弱さに気付かされたのもヨガのおかげです。

だから、気づかせてくれてありがとう!これから努力して克服します!という段階。
まだまだ全然目標には到達できませんが、少しずつステップアップしたいなーと思います。

そんな私に今できること。

周りにいる「自信なくて出来ない」という人たちのために
「出来なくても大丈夫だよ。まずは一緒にやってみよう!」
と伝えることかなと思ってます。

最近はそうやってヨガに興味を持ってくれて、「楽しい」と言ってくださる方達が周りに増えて幸せです。
ちょっとずつちょっとずつ、成長していこうー。

≫ 続きを読む

ヨーガって何?   2011/02/06   admin

about

YOGALABは、ヒーリングヨガサロンFlatti主催 MISUZUが運営する福岡のヨガ情報サイトです。 福岡にてヨガクラスを開講中。 一人でも多くの方にヨガを体験していただき、ストレスの軽減、トラウマの解消、心の安定に役立てて日常生活を楽しく生きていただけるお手伝いを出来たらと願っています。

calendar

4月 2018年5月 6月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

facebook